ビーガンレシピのブログ: Japanese Vegan in Scotland カボチャ
Japanese Vegan in Scotland

head_1head_2

ビーガン豆乳ラーメン


  • 2012/02/06

「ビーガン豆乳ラーメン」-- 4人前

IMG_0134.jpg



材料
:
・にんにく:4片
・しょうが:にんにくと同量
・唐辛子:1本(できれば生の唐辛子。乾燥でもよろし。)
・ネギの青い部分:20cmを2本
・サラダ油:大さじ2
・無調整豆乳:1600ml
・ベジタブルストック:2個
・粗挽きこしょう:小さじ1/2
・塩:適量
・ごま油:適量

・カボチャ:5mmスライス8枚
・キノコ:1パック
・サラダ油:適量

・豆腐:1パック
・片栗粉:適量

・麺:4人分
・もやし:袋半分

・ネギ:適量
・ごま:適量


① サラダ油、みじん切りにしたにんにく、しょうがと輪切りした唐辛子とネギの青い部分を包丁の腹でつぶして鍋に入れ、極弱火でじっくり香りを出す。にんにくが軽く色づき始めたら豆乳とベジタブルストックと粗挽きこしょうを入れ中火で沸騰直前まで暖め、塩で味を調え、ごま油で香りを付ける。(沸騰させると投入が分離して見た目が非常に悪くなるので注意)

② フライパンにサラダ油を入れ、カボチャのスライスと、キノコを炒めてお皿にでも置いておく。
③ 同じくフライパンにサラダ油を1cmほど入れて(分量外)火に掛ける。水を切った豆腐を12等分してキッチンペーパーで拭いてから片栗粉を表面に付けて、熱したサラダ油に投入する。色が変わり始めたら油から揚げる。
④ 大きめの鍋で麺を軽く茹で、お湯から上げ、そのお湯でもやしも軽く茹でる(30秒くらい)
⑤ 器に麺、暖まった豆乳スープ、軽く茹でたもやし、キノコ、揚げた豆腐、カボチャを乗せ、薬味にネギとごまを振りかけたら完成。




 まだビーガンになって1年くらいだっただろうか。京都のCafe Proverbsで初めて頂いた豆乳ラーメンのおいしさはまさに感動だった。
 ビーガンでもしょうゆラーメンや味噌ラーメンは割と簡単に作れる。なんなら、ビーガンインスタントラーメンが簡単に手に入る。しかし、豚骨ラーメン風のコッテリしたスープは完全にあきらめていた。そんな絶望からぼくを救ってくれた彼らの豆乳ラーメンは、私がビーガンクッキングを始めるきっかけになったと言っても過言ではないだろう。
 そんな豆乳ラーメンを海外でも簡単に手に入る材料で再現してみた。唯一、ビーガン対応の麺は見つけるのに苦労したが、ちょっと大きめのスーパーに行けば手に入るだろう。水を加えないことでコッテリ感を出しているが、そのお陰でデリケートなスープになっているので気をつけて欲しい。煮つめすぎると分離したり、どろどろになりすぎる。煮つめられないので味が出しにくい。最初の、にんにくなどを油で炒める所でじっくり味を出してほしい。どろどろ過ぎると思ったら水を加えて薄める。

○ビーガンメモ○
・色々な野菜を使って頂ける。しかし、豆乳の性質上、スープに入れて熱を通すのは難しいのでほかの方法で熱を通して「あとのせ」がお勧めだ。
・しょうゆ、みりん、酒、味噌などでコクを出しても美味しいが、今回は海外でも手に入れやすい材料にこだわった。
・ビーガンチキンストックが手に入る方は、ベジタブルストックよりそちらをお勧めする。

IMG_0133.jpg